運命を解読してます。 全国の葬儀屋がクリックだけで探せます。

Tさんはバラドアジヤ·リシの予言書を伝承する
バラモンの家系の養子になった。
新しく父となった人が、予言書の内容を少しずつTさんに読んでくれた。
予言書は日記形式で書かれてあり、
そのなかでTさんに伝えられた大事な部分は、
ー九九六年十一月一日、死ぬような目に遭う」という予言だった。
場所はピーペン(プノンペン)とあった。
Tさんはまさかそんなことがと、
さして気にも留めず聞き流した。
ところが、語学の天才のTさんがサンスクリット語に習熟し、
一人で自由に予言書を読めるようになると、
養父はTさんに関する予言の部分を
一切抜き取ってしまった。
Tさんは、それでは肝心の自分の予言が読めないと不満でしたが、
それでもなにか困ったことがあると、
養父は、遠く離れた赴任地にいるTさんに
電話であれこれと教え、助けてくれました。
予言に書かれたその日がやって来た。
国連職員を兼務していたTさんは
飛行機でノルウェーからプノンペンに着任し、飛行機を降りた。
そこヘ突如、軍人らしいー団が車で殺到して、
Tさんたちに銃撃を加えた。
なにかしら重大任務を帯びていたTさんには
四人の護衛が付いていたが、四人とも即死。
本人も頭に一発、
身体に三発の銃弾を浴びて倒れた。
死亡と見なされ·死体袋に放り込まれて
フィリピンに搬送された。
そこでフランス人医師の処置を受け、
これはもうダメだと
死亡宣告される直前に、
パツとTさんの意識が戻った。
なんと生きていたのです。
看護婦が小水の面倒を見にくると、
「自分でやります」と言ったほどでした。
ところがその直後、
鏡に映った頭から血を流している自分の姿を見て、
ふたたび卒倒してしまった。
その後三カ月間、Tさんは意識を失っていた。
意識が戻っても話すことができない。
それでも「おはよう」「こんにちは」などの単語を
オウム返しに繰り返すことで、
徐々に言葉を取り戻した。
じつは養父が教えてくれたこの予言には、
「一旦死ぬ。ただ、、二日後に生き返る」とあった。
予言には、この危機を免れる方法もちやんと書いてあった。
危機を避けるには、
ある寺院で「ヤーギヤ」という行を行ないなさい、
そうすれぱ免れることができるとあった。
さらに最後に、「しかし、それをしない」と添えられてあった。
Tさんはその寺院の前まで行ったが、
まさかそんなことは起こるはずがないと、
ヤーギャの行を受けなかった。
おもしろいのは
預言書とはいえ、
右の道を行くか左の道をとるか
本人が選択する余地が残されていたことです。
とにもかくにもTさんは回復し、
回復後、再度国連の試験を受けました。
こうした場合、
住務に堪えられるかどうか再試験が行なわれるのだそうです。
結果的に
Tさんの成績は以前のものより上がっていました。
頭に受けたー発は、
脳細胞を傷つける危険な部位にあったため、
取り出すことは不可能とされ、
Tさんは銃弾を頭に人れたままー生を過ごすことになりました。
Tさんは寺院で老人に声をかけられて以来の日々をふり返り、
予言がいかに正確だったか、
そのことに感銘を深くします。
まさに正確無比だったと言っています。
引用元
淡々と生きる

10分で書いた記事、1日10アクセスしかないのに 1万円の報酬を発生させた。

(『君の名は。』瀧と三葉のその後のお話。)
こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 まとめサイト

作ったブログはほったらかしで報酬があがるような、 資産ブログ、自動販売機のようなブログにすることも可能です。

(「君の名は。」予告2映像)